子育ても生活もシンプルに。節約しても心はリッチに!

menu

シンプルリッチなエコライフとモンテッソーリ的子育て

頭にシラミ!?駆除は?薬を使わずに自然療法で治す方法!


保育園・幼稚園・小学校等の団体生活に入ると、アタマジラミをもらってくることがあるらしいことは友人たちの話で聞いてはいましたが、まさか冬にもらうとは思ってもみませんでした。

プールなどで移ると聞いていたので、夏は注意していましたが、私の中では想定外の冬になって息子の頭にお住まいになっておりました・・・。

アタマジラミって実は季節に関係なく存在するってことを後で知りました~!

何度か頭が痒いと訴えてましたが、添加物の入ったおやつや豚肉などでも湿疹の出る子なので、てっきりそっち系の問題だと思っていました。ふけっぽいもの(つまり卵)が登場して初めて気が付いたのです!

というのも、数年前にお友達の子供がかかって、手作業で一緒に駆除してあげた経験があるの、それでわかったんです~(笑)

昔はパウダーみたいなものを頭に振りかけて駆除した、という話は聞いていました。しかし、そんなものは使いたくない。
敏感体質でケミカルなものに弱い私たちには、なかなか厳しい選択なのです。

しかし、今までどおりの自然療法で、薬やシャンプーを使わずにちゃんと駆除できましたよ!!

幼稚園のママ友でも、まだ未経験でどうやって駆除すればいいのか知らない人もいたので、「薬は使いたくないわ~」というママさんたちのために紹介しておこうと思います。

1.アタマジラミ駆除のために一番用意しておきたいアイテムとは?
2.シラミ専用シャンプーを使わずに駆除するには?

 

スポンサードリンク

アタマジラミ駆除のために一番用意しておきたいアイテムとは?

幼稚園に入るにあたって、準備するものはたくさんありますね。幼稚園指定の手作りバッグなど、あれこれ忙しかったことを思い出します。

しかし、その際、アタマジラミのための必需品まで準備するママさんなんて、ほとんど誰もいないんじゃないか?と思います。(特に第一子の場合。)

でも、今の私なら絶対に「買っておくべき」だと思うものの一つが、このアタマジラミを駆除するための専用櫛です。

 

“卵がある!”と発覚してから、急いで自然な駆除方法をリサーチをして、それから注文して、届いてからようやく櫛で駆除しました。

シラミは一日で3~10個くらいの卵を産むといいます。櫛が届くまでの間にも卵は増え続けるわけですよ~!ですからそれまでは手作業で駆除し続けました。

商品はお急ぎ便で送ってもらったのですぐに届きましたが、到着するまではしょっちゅう頭を覗いては手で駆除するという非効率的な作業が続きました。

気が付いた瞬間に櫛さえあれば、本当に簡単にあっという間にどんどん取れてたはずなのに!!

なにしろ、私も娘もあれ?なんか痒いと思った頃には時すでに遅しで、移されていたわけですよ。
私は髪が太くて長くて多いですし、どーすんのよ~!と思いましたが、毎日櫛をとくだけでどんどん取れるので、ホント助かりました。

レビューには髪が多くて剛毛の人が櫛が通らないだの、髪の少ない人がすり抜けて取れないだの書いてるのもあったので、不安ではありましたが、少なくともうちではまったく問題なかったです。

たしかに髪が太いとキューティクル剥がれそう・・・ってほどギギギー!と梳くことになりますが、櫛はちゃんと通ります。また、娘は猫毛でくせ毛なので、心配でしたが、普通にちゃんと駆除できました。

というか肉眼で見ながら捕って、もうこれ以上見当たらないと思っていても、櫛で梳くとまだ出てくる!というのが衝撃でした。つまり、それだけ採取率が高いのですね。

櫛を入れるたびに、お湯を張った洗面器で洗います。すると取れた卵や幼虫、あるいは成虫が浮いてきます。櫛の歯の間に詰まっていることもあるので私は毎回ギターをかき鳴らすようにして櫛の歯の隙間まできれいに洗いました。

大人数の幼稚園に入った時に、いつかアタマジラミをもらうこともあるかもしれないな~とぼんやり思っていました。しかし過去の私に言いたい。
「そう思ってたんなら、ちゃんと対処法考えて準備しておきなよ!」って・・・!!

夏だって、注意してたっていう割には、もし移った時はどうするとか全然決めてなかったという自分を恥じましたよ・・・。

もらわないかもしれない。でも歯科検診のように定期的にチェックしておけば万が一もらっていても、早期発見で、駆除作業も短くすむもの。

時折家族みんな櫛でといてチェックしておくことも大切なタスクなのだな~と実感しているところです。

是非一家に一つ!他の櫛は知りませんが、ニットフリーコームは素晴らしい!重宝しております。

スポンサードリンク

シラミ専用シャンプーを使わずに駆除するには?

実のところ、おそらくこの櫛だけでも完全駆除できるようです。即効性を求めずに時間をかければ。つまり毎日梳いても少しずつ出てくるということは一発で完全駆除できるわけでもないということなんですよね。

数日かけてやっていれば、かならず撲滅できるとは思いますが、その間に人に移ったりするのは避けたいという気持ちが勝ったので、同時進行で別のものも使いました。

シラミ専用シャンプーもあります。しかし殺虫剤のようなものですし、副作用も心配・・・というママさんの声もあったので、そう思うのは私一人だけじゃないんだなあと思いました。

実際のところ、それがどのくらい人体に影響があるのかはわかりません。しかし、うちではおおよそ家で対処できると判断できるものに関しては、基本的に薬は使わずにメディカルエッセンシャルオイルで対応しているので、櫛と平行しながらオイルも使いました。

ニットフリーコームにオーガニックシャンプーをセットにして高額料金で販売しているところもありますが・・・私的には必要なし!です。使いたいという人を止めたりしませんが、うちは使わずに終息できました。

卵の間はシャンプーや薬が効かないので、無くなったと判断できるまで毎日オイルとブラッシングです。多分1週間くらいで撲滅できると思いますが、2週間くらいは様子をみたほうがいいかもしれません。

アタマジラミに効果があるといわれているオイルは「ティーツリー」です。(100%天然由来のものを使ってくださいね。)

ちなみに私が使っているオイルはこちらです。オイルは常に一通り揃えてあるので、このためにわざわざ購入することもなく、家にあるものを使いましたが。
ティーツリーはラベンダーと並んで、子供によく使うオイルなので、手元に置いておくと重宝しますよ~。

1日3回直接頭につけて頭皮に揉み込みました。すると、オイルを使ってなかった初日のシラミは元気がよかったのですが、オイル使用後の駆除の時に捕獲した成虫は弱っているか、死んでいました。

なので、ホントに効いてるんだな~と目で確認できました。なによりも自然なものなので、副作用の心配がないところがありがたいです。

しかしながら、この二つのアイテムのみで全滅させられたことはありがたいです。なにしろ自力で駆除するのは大変なことなのです。

卵は粘性があるため髪の毛からこそげ落とすように指で引っ張らないと捕れません。また成虫も慣れてないと、せっかく見つけても、捕獲しそこなうこともあります。

私は猫のノミ退治で慣れていたので、櫛が届くまでの期間は、指でもすぐに捕獲して殺せましたが、普通の人は慣れてないと思うので、洗面器の水に入れて、弱らせて排水口のところで洗い流してしまったほうが確実だと思います。

まとめ

ニットフリーコームはアマゾンで購入できますが、販売元によって値段がまちまちです。しかも日本正規品だと最低料金にくらべて約1500円増くらいのお値段です。メリットとしては櫛が折れたりしたときの保証等があるようですが。

しかしステンレス製であの太くて頑丈な櫛の歯が折れることはほぼありえないレベルだと思うので、私は保証必要なし!と判断して安いのを買いました。

あと、ニットフリーターミネーターってアメリカ製品がきてだまされた!みたいなレビューもありましたが、どれでも内容は同じような気がします。オリジナルも並行輸入品でなければ10ドル程度ですし。

色は緑と青と赤がありますが、色による櫛の違いはないそうです。うちは単純にすぐに見つけやすいからっていうことで、一番目立つ赤にしましたが、緑とかだともっと値段安いです。

なんだかニットフリーの回し者のような内容になってしまいましたが(笑)、他にもシラミ専用櫛は販売されているので、自分の気に入ったものを探してみてもいいと思います。

また、アタマジラミは病原菌を持っていないので、感染などの心配がないのはありがたいですね。しかし髪の接触等によって、人から人へと移って繁殖する生き物なので、衛生的であるないに関わらず、誰にでも起こりうることなのです。

そこを踏まえて、うちのように移されてから慌てて準備するのではなく、前もって対処法を身に着けておくことをお勧めいたします!

※我が家では薬に頼らず、出来る限り自然育児を目指しています。
ひとつの育児方法として参考にしていただければ幸いです。
当サイトでは責任を問いかねますので、ご了承願います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930